安養院寺宝堂 〜9/21(土)22(日)オープニング記念イベント〜


北インド・チべット仏教美術 砂曼荼羅・マニ車・秘密法界

安養院寺宝堂 〜9/21(土)22(日)オープニング記念イベント〜 


【お申し込み→ご予約専用電話番号 03−3493−0871】



この度、目黒(不動前駅徒歩5分)にあります天台宗の寺院「臥龍山 安養院」の寺宝堂・再オープニング記念イベントにて2日間にわたりシンギングボウルを演奏させていただくことになりました。


臥龍山 安養院は、平安時代に慈覚大師によって開山された天台宗の寺院です。


御本尊は黄金に輝く大きな寝釈迦様で、このような御本尊を拝めるお寺が都内にあるとは驚きです。

その御本尊の周りを囲む柱には見事な螺鈿が施され、まるで浄土そのものを見ているかのような気分になります。



素晴らしいのはこれだけではありません。


実はこちらには、北インドとチべットの仏像や曼荼羅、タンカ、マニ車など、日本で見られるのが奇跡である「宝」が所狭しと集められた美術館があります。


その数、千数百点。


ただコレクションとして飾られているのではなく、祈りを捧げられています。


特にチベットの高僧が来日して描いた砂曼荼羅は、通常であればその場で消されるものですが、特別な許可と処理が施されて、誰でも見ることができるようになっています。インドやチベットに行かずとも、日本でこのような秘宝級の品々を一度に目にすることができるのは奇跡と言えるでしょう。


また山門をくぐって右手にある観音堂にも、比叡山から渡ってきたという450年以上前の如意輪観音像。

その他、個性豊かな石仏が各所に祀られており、特に狛犬は一度見たら忘れられないユニークな姿です。


多くの方々にこのお宝を見て、体感して頂きたく思いますし、魂の入った寺宝の数々にシンギングボウルの音色を捧げるお役目を頂きましたことを有り難く思います。 


シンギングボウル演奏会のご参加費は3000円となりますが、寺宝堂の拝観料(800円)が含まれた金額となります。

ご予約は専用電話番号→03−3493−0871 までお願いします。

演奏は両日とも13時半〜14時15分の予定です。シンギングボウルやティンシャなどの販売も予定しております。



さらに! 両日とも、午前11時から、チベットの高僧による講話と灌頂の儀式を体験していただけます。


「灌頂(かんじょう)」とは、頭頂に水を灌(そそ)いで、仏さまや曼荼羅とご縁を結んでいただく特別な儀式です。

これにより、人生をさらに高めることができるという方もいますし、灌頂を生まれ変わりの儀式だという方もいます。

特別にこのために来日されるチベット僧が、様々な種類の法具を使用して儀式を行うのを見るだけでなく、参加できるという、貴重な機会です。


こちらも有料イベントで、参加費は5000円。拝観料800円が含まれ、特別なお守りなどもプレゼントしていただけるそうです。

同じくご予約専用電話番号 03−3493−0871までご連絡をお願いします。


是非ともお誘い合せの上、ご来院くださいませ。




【イベント概要】

安養院寺宝堂 オープニング記念イベント

2019年9月21日(土)、22日(日)

寺宝堂おみやげ品全品半額、寺宝堂拝観者にはミニプレゼント進呈


完全予約制 ご予約専用電話番号 03−3493−0871


■11時〜 チベット僧による講話と灌頂 参加費5000円(ご参加者は寺宝堂拝観料無料)

参加者全員に、●カタ ●厄除け護り プレゼント


■13時30分〜14時15分 石井タカシ シンギングボウル 祈りの演奏  参加費3000円(ご参加者は寺宝堂拝観料無料)

ネパールの工房から直輸入した本物のシンギングボウルやティンシャの販売も予定しています



安養院寺宝堂

拝観料 

大人(高校生以上)800円

中学生、65歳以上、御檀家様、納骨堂契約者様 400円 

お身体の不自由な方(お付添の方を含む)400円

当日ご法要参加の方 400円

10名以上の団体様 400円(一度に入館できるのは15名様までとなります)


当館はクレジットカードはご利用できません。お支払いは現金のみとなります。予めご了承ください

ご予約・ご質問・お問い合わせは 安養院 03−3493−0871 までご連絡くださいませ


0コメント

  • 1000 / 1000