9月24日(祝月)は待望の「満月の音瞑想」

9月24日(祝月)は、

昨年12月まで恒例となっていた、

キルタン奏者の堀田義樹さんとの待望の"満月の音瞑想" が開催決定‼️


今年に入りお互いのスケジュールが合わずで未開催でしたが、

9月24日(祝月)に開催することになりました。

満月の前夜となりますが祝日の開催です。

遠方の方もぜひこの機会にお越しください‼️

(8月と10月の満月は山形県鶴岡市にて山伏修行のため開催しません)


緑に囲まれた観蔵院境内から、さらに奥へ。

会場となる曼荼羅美術館へ足を踏み入れると、

そこには静寂の別世界がやさしく両手を広げている素敵な場所です。



この素敵な機会とご縁を繋げていただいたヨガティーチャーのヒロさん、

義樹さん、どうもありがとうございます。

素晴らしい場でボウルを奏でさせて頂けること感謝しております。


当日はベストな音響で祈りを込めて奏でていきます。


壁と天井には、曼荼羅、日本仏画、ネパール仏画、サンスクリット語の書など、色彩と線が描き出すいのちの大宇宙。この美しい祈りに護られた空間と、音と、声との響き合いの中で、「本来の自分自身」をゆったりと感じていただければと思います。


---------


9月24日(祝月)

練馬・曼荼羅美術館

"満月の音瞑想" 堀田義樹 & 石井たかし


インドの唄うヨガと呼ばれるキルタン、そしてネパールのシンギングボウルと共に、

静かな満月の前夜を過ごしましょう。


日時:

2018年9月24日 (祝月)

開場:14時

開始:14時半

終了:16時半


キルタン:

堀田義樹


シンギングボウル:

石井たかし



会場:

慈雲山曼荼羅寺観蔵院内 曼荼羅美術館

https://kanzouin.wixsite.com/mandala/map

〒177-0035

東京都練馬区南田中4-15-24


◎電車でお越しの方

西武池袋線・練馬高野台下車徒歩10分

西武新宿線・井荻下車徒歩15分

西武池袋線・石神井公園下車徒歩15分


◎バスでお越しの方

JR中央線阿佐ヶ谷駅下車

「石神井公園駅」行きバス乗車

「喜楽沼」下車徒歩5分


参加費:

・早割・事前振込 ¥3,500

 (9月21日(金)15時までお申込み、お振込がお済みの方。

  9月21日(金)15時以降のお申込みの方は当日現金となります)

・ 当日現金 ¥4,000


お申込みフォーム:

https://www.facebook.com/events/1729378513765810/


facebookイベントページ:

https://www.facebook.com/events/1729378513765810/


* 必ず事前予約をお願いいたします。会場キャパシティの都合上、満席の場合はご入場いただけないことがあります。

*振込先はお申込み後にお送りいたします。


<キャンセルポリシー>

・9月21日および22日 50%

・前日当日100%

*ただし譲渡可能です。その場合はお知らせください。


お申込みフォーム:

https://pro.form-mailer.jp/fms/b2f8e68c150859


持ち物:

飲み物(蓋付)

ヨガマットやバスタオル、

ストールなどをご持参いただくと快適です。

シンギングボウルを聴く際はベルトなど金属製のものはお外しください。


--------


キルタンとは、インドの神様の名や、マントラ、祈りの言葉などを、コール&レスポンス(リードの後に同じ音を繰り返す)形式で詠唱すること。伝統的なバクティヨガ(献身のヨガ)の行為のひとつです。現在ではインドのみならず、ヨガの広がりと共に、海を越えて多くの国々へと広がっています。


献身、捧げる気持ちと向かい合う時、人は正直でいることしかできません。本来の自分以外である必要がないのです。頭の中の喧噪から自由になり、心を開放すると、深く静かな安らぎが感じらます。音と言葉を通して、キルタンはいつでもそこへ導いてくれる手助けとなるでしょう。


--------


堀田義樹 Yoshiki Horita:

歌手/声と呼吸の研究家/自然愛好家


札幌出身。1998年、ボーカリストとしてビクターエンタテインメントよりデビュー。2004年に独立後はiMAGINATIONS名義でのソロ活動の他、発声法・呼吸法の指導でも注目を集め、人気音楽誌SOUND DESIGNERではボーカルレッスンの連載を4年半の長期に渡り執筆。


2009年、交通事故後の不調に悩む中、グローバルボーカリスト/サウンドヒーラーGina Sala氏との奇跡的な出会いから、バクティ・ヨガ(献身のヨガ)の行為のひとつで"歌うヨガ"とも呼ばれるキルタンの実践を始める。その後、心身の回復に大きな喜びと気づきを得て、たびたびインドへ渡り学びを深めながら、日本全国でキルタンをシェア。ヨガスタジオ、ヨガティーチャーとのコラボレーションも積極的に行なっている。


旅、自然を愛し、多くの聖地やパワースポットでのワーク、リトリートなどで講師、ナビゲーターも務めている。東京都中央区で声と呼吸を学ぶためのスタジオ、Morning Lights Voice Therapyを主宰。歌手、俳優といった声を仕事にする人だけではなく、講演家、起業家、ヨガ、スポーツインストラクター、ヒーラーなど、幅広い受講者が訪れている。

http://morning-lights.net/


--------


シンギングボウルとは

シンギングボウルの発祥は仏陀生誕以前、約3000年前。

ハンドメイドによるシンギングボウルは古の時代から、身体の痛みをとる、心と身体が安らぐなどの効果があると言われ、重用されてきました。

シンギングボウルの振動は非常にはっきりしたもので、血液や体液といった、人体の70%以上を占める水分に波動を与えます。

ストレスや病気で固くなっていた心や身体に直接刺激を与え、循環を促すことで、自律神経が整うなどの効果があると言われています。

また7つのボウルが各チャクラを調整するように働きかけるので、私たちが本来持っている「元気」を呼び起こします。


--------


石井たかし Takashi Ishii:

シンギングボウル奏者 / サウンドセラピスト /

TAKASHI SINGING BOWL SCHOOL 代表 /

羽黒山伏


静岡県浜松市生まれ。クラシック音楽教師の両親のもと、幼少よりヴァイオリン、マリンバを学び、上京後は10年以上DJとして活動。


数千年前からネパールに継承されてきたシンギングボウルのパワフルな波動、そしてヒーリングの効果に感銘を受け、ネパールに渡航。世界的に有名なサンタ・ラトナ・シャキア氏に師事。

シャキア氏から満月の夜に特別に作られるフルムーンボウルを授かる。その後も幾度となくネパールに渡航し、シンギングボウルを学び、シャキア氏との交流を深めている。


現在は東京・荻窪を拠点に活動中。TAKASHI SINGING BOWL SCHOOL ではシンギングボウルを使ったセラピー法や演奏方法を伝授している。また山形県の出羽三山神社において山伏修行を続け、各地の神社に奉納演奏を行っている。

https://takashisingingbowl.amebaownd.com/


0コメント

  • 1000 / 1000